護身術教室

護身術教室は自分の身を守るにはどうすればいいかを学ぶための教室です。

たとえば腕をつかまれた場合、力任せに振りほどこうとしても力の差があるとできません。

それどころか相手を興奮させてしまい、殴られるかもしれません。

合気道の基本動作である入身、転換を繰り返し練習することで、無駄な動きをしないでスムーズ

にはずすことができるようになります。

上達するとわざとはずさないで、相手のバランスを崩して技をかけることもできるようになりますが、

スキをついて逃げることが身を守るための基本となるでしょう。

また、技を覚えるだけではいざというときに対応できないかもしれません。

大事なことはいかに動じないで冷静に対処することができるかですが、そのためには基本動作を繰り返し

練習することで技を自分のものとし、自信をつけることが重要になってきます。

 

護身術を習いたい方のコースです。

 

①準備運動

いきなり運動すると筋肉痛になったり、ケガをしやすくなります。

準備運動で筋肉や関節を柔らかくすることで、ケガを予防します。

 

②受け身(希望者のみ)

投げられたり、倒されたりしたときの衝撃から身を守るために受け身を覚えます。

投げられたり、倒された力の方向性を利用しながら、身体を柔らかく、

丸く使って衝撃をやわらげ、素早く自分の動きのとれる体勢に戻ります。

 

③基本動作

体さばきである入り身、転換、転身、立ち技呼吸法、座り技呼吸法、礼法などがあります。

繰り返し稽古することで自分のものとなり、ぶれない中心力を発揮できるようになります。

 

④基本技

合気道の技は受けと取りに分かれ、左右対称の技の稽古を行います。

利点は左右に偏ることなく筋肉や関節を動かすので、バランスのとれた身体や姿勢が身についてきます。

肩こりや腰痛の改善にもつながります。

 

⑤相手に襲われたことを想定しての稽古

片手で手を掴まれた場合、前から胸を持たれた場合、前から胸を持たれてひねられた場合、

後ろから腕を組んできた場合、手を持たれ首を絞められた場合ほか。